皆さんは、日本の農業・農村・食糧について考えたことはありますか?最近のニュースはTPPについての報道が多いですが、皆さんはどう思われますか?そして、「WTO」・「FTA・「EPA」と言う単語をニュースや新聞で見たり聞いたりしたことはありませんか?「自由貿易」と「市場原理主義」を100%農業に導入すると、日本の農業・農村はどうなってしまうのでしょう?日本は約6割の農畜産物を輸入に依存している食糧輸入国でもあります。もしも、ある日突然、穀物が輸入できなくなってしまたっら・・・決して笑い話でも、他人事でもありません。日本の農業・農家・そして農村の崩壊は、「日本」と言う「国家」の存続に直結します。毎日食べる「農畜産物」だからこそ、もう一度、「日本の農業」・「食糧の安全保障」を皆さん自身の問題として、真剣に考えてみませんか?

2011年02月24日

15年ぶりの再会

時の経つのは本当に早いものです。

昨晩会った「S君」とはなんと15年ぶり(くらい)の

再開でした。


お互いに年賀状のやり取りはしていましたし、

私が北海道に来てから電話で話をしたりしていたので

15年ぶりと言うのが信じられませんでした。


お互いに、決してアルコールに免疫が無いわーい(嬉しい顔)と言うわけでは

なかったので、久しぶりの乾杯ビールでした。


お店はホルモン焼きの店。

さすがS君、飲兵衛の証です。

horumon 003.JPG














  味噌ホルモン↑と、塩ホルモン↓

horumon 001.JPG














このほかにもたくさん出てきたのですが、

話に夢中になり写真を撮り忘れましたふらふら


JAT 1.JPG














私がアルバムを持っていったのですが、

アメリカでも最初の一ヶ月間は寮で同室だったので、

アメリカ到着日に二人並んで写っていた写真が

載っていました。


渡米して4半世紀。本当に早いものです。

私達が渡米した昭和61年は「プラザ合意」の翌年。

円高が急加速して、帰国した63年は、バブル経済の

予兆を感じさせる年でした。


S君にはお土産までいただいてしまいました。

お気遣い本当にありがとうございました。

カミサンが大変喜んでおりました。

私のお土産は雫石に帰ってからに・・・・・


また、一緒に飲もうexclamation×2

人気ブログランキングへ←バナークリックよろしくお願いします。
posted by テリー at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
良かったですね、話が弾んだでしょう。
月日の経つのは早いものです。

親しい人とは何年離れていても、会えばすぐにあの時に戻れるのですよね。

奥さまに喜ばれたものは何だったのでしょうね、人柄がしのばれる方です。
これからも大切な友人ですね。

クリックしますよ。
Posted by 若紫 at 2011年02月25日 23:30
若紫さん、ありがとうございます。
本当に、25年前に戻ってしまうんですね。彼は、アメリカでは野菜専攻でした。農場研修はサンディエゴのほうでしたので、メキシコ人の労働者も多く、英語よりもスペイン語のほうが上手になって帰国したくらいです。

仙台でも科は違ってもお互いに渡米するということが分かっていて面識はありましたし。

本当に4時間なんてあっと言う間でしたよ。

同期の人間が他にもいるということを聞いたので雫石に行く前に尋ねてみようと思います。

お土産は、彼が勤務している会社の製品でした。全国的に有名な商品です。カミサンが「やっぱり素敵な人だねぇ」と言っておりました。乾杯です。アッ完敗です(笑)←WAKAさんなら解ると思います。
Posted by テリー at 2011年02月26日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43573215
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック