皆さんは、日本の農業・農村・食糧について考えたことはありますか?最近のニュースはTPPについての報道が多いですが、皆さんはどう思われますか?そして、「WTO」・「FTA・「EPA」と言う単語をニュースや新聞で見たり聞いたりしたことはありませんか?「自由貿易」と「市場原理主義」を100%農業に導入すると、日本の農業・農村はどうなってしまうのでしょう?日本は約6割の農畜産物を輸入に依存している食糧輸入国でもあります。もしも、ある日突然、穀物が輸入できなくなってしまたっら・・・決して笑い話でも、他人事でもありません。日本の農業・農家・そして農村の崩壊は、「日本」と言う「国家」の存続に直結します。毎日食べる「農畜産物」だからこそ、もう一度、「日本の農業」・「食糧の安全保障」を皆さん自身の問題として、真剣に考えてみませんか?

2011年02月20日

北海道のお米

私も、ラーメンを食べに行ったり、

DVDばっかりみていたり、

昼寝ばっかりしているわけではありません。


読書です。読書

kirara397 005.JPG



















皆さんは「きらら397」と言うお米をご存知ですか?

北海道の方なら知らない方はいないと思います。


北海道米の評価を180度変えたと言っても過言ではない

お米です。

8月9日に旭川市の隣町、比布町にある

上川農業試験場に行ったブログを掲載しました。


上川農試がまだ旭川市永山にあったころに育種された米が

「上育397号」と言う試験番号で、名称の公募をして

「きらら397」と名づけられました。


もともと、北海道は、札幌農学校が出来た頃は

稲作に適さないといわれていたのだそうですが、

本州からの入植者や試験機関が当に命がけで

育種・品種改良して北海道での稲作を可能にしたのだそうです。

実際、コシヒカリやあきたこまちは、上川農試で栽培しても

完全に登熟出来ません。(展示圃場で栽培していました)


今でこそ、新潟と北海道はお米の生産量の

トップ2ですがこの本を読むと、育種にかけた執念が

伝わってきます。

その後、北海道は、

ほしのゆめ・ななつぼし・おぼろづき・ふっくりんこ 

続いて新しいお米を世に送り出し、

「ゆめぴりか」と言うお米を作り上げました。

本当においしいお米です。


米余りが深刻になり、生産調整の拡大・米市場の下落

が叫ばれています。


ラーメンのブログを書いた翌日にこういったことを書くのも

なんとなく説得力に欠けますが、

日本の食卓・自分のご飯の主食は

   「お米」

が一番なのだと思います。


うちで作っている野菜も

「お米」あってのキュウリやみつば・ネギ・じねんじょ

ですから。

人気ブログランキングへ←バナークリックよろしくお願いします
posted by テリー at 13:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ご飯は良いよ。
日本人が戦後の食糧難の中、それほどの栄養失調児も出なかったのは、お米のお陰と言われていますね。
(戦後生まれだから、聞いた話)
麦よりも栄養価が高く、タンパク質の不足分を補ってくれたのだと・・

勿論、今から考えると、貧弱な食生活だったけれど(これは経験している)何とか大勢の団塊の世代を育ててくれました。

これからは麦よりも、お米でパンを作るようになるかもしれませんよ。

我が家の短足の実家は結構大規模な農家です。(昔は地主)毎年秋に新米を少し貰いますが、玄米で貰って、7分か8分搗きにして食べます。(雑穀も入れる)

北海道のお米は「きらら」しか見たことないですね。たくさんあるとは知らなかったですよ。

将来は温暖化で、北海道でもたくさん収穫できるかもしれません。(温暖化はあんまり歓迎される事ではないですが)

短足はパンに味噌をつけて食べる事あります(戦中生まれのする事は分かりまへん)

今日も取り留めのない事を・・・

お休みなさい〜
Posted by 若紫 at 2011年02月20日 19:50
こんばんは。

おぼろづき・ふっくりんこ・ゆめぴりかは、比較的新しい品種です。特に「ゆめぴりか」は、ANAの国際線Firstclassのお米に採用された北海道のプレミアム米です。

米粉パン・米粉麺はここ数年でかなり研究が進みましたね。普及すれば、かなり米余りに貢献するのではないでしょうか?

温暖化で北海道のお米がもっと美味しくなるというのは学説として本当にあるそうです。実際西日本では、高温障害のほうが深刻ですからね。

うちも玄米を炊ける炊飯器がありますし、雑穀を入れて炊くこともありますよ。

お米はありがたいですね。

お休みなさい
Posted by テリー at 2011年02月20日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43505813
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック