皆さんは、日本の農業・農村・食糧について考えたことはありますか?最近のニュースはTPPについての報道が多いですが、皆さんはどう思われますか?そして、「WTO」・「FTA・「EPA」と言う単語をニュースや新聞で見たり聞いたりしたことはありませんか?「自由貿易」と「市場原理主義」を100%農業に導入すると、日本の農業・農村はどうなってしまうのでしょう?日本は約6割の農畜産物を輸入に依存している食糧輸入国でもあります。もしも、ある日突然、穀物が輸入できなくなってしまたっら・・・決して笑い話でも、他人事でもありません。日本の農業・農家・そして農村の崩壊は、「日本」と言う「国家」の存続に直結します。毎日食べる「農畜産物」だからこそ、もう一度、「日本の農業」・「食糧の安全保障」を皆さん自身の問題として、真剣に考えてみませんか?

2010年10月26日

根みつばU(そしてTPPについて考える)

今日の雫石はとても寒い一日でした。

さて、根みつばの続きです。


もともと、冬に出荷する野菜?です。

掘って土を落としたみつばをキュウリの

かん水に使ったチューブで束ねます。Reuseです。

 mitsuba7.JPG

 mitsuba8.JPG

それを一箇所に集め根がかくれるように、


周囲に土をかけておきます。

 mitsuba 009.JPG

画像が無いのですが、しばらくすると、根だけが残り


上の葉の部分がなくなります。


それを下の画像にあるようにうちでは断熱ボードを使い


土中に電熱線を引いて「根」だけを敷き詰めていきます。

mitsuba10.JPG

温度をかけると根から新しい みつば が発生してくるんです。

私も最初は半信半疑でしたよ(笑)

高さが30センチくらいになると出荷開始です。

mitsuba11.JPG


根を伏せてから25日から30日くらいかかります。


うちでは、4つの囲いを使い一週間位づつずらしてローテーションさせます。

mitsuba12.JPG

それを一株づつ丁寧に洗い無事出荷となるわけです。

 mitsuba13.JPG

私も最初の年はやり方がわからなくて苦労しましたよ。


真冬の仕事ですので、今は、私は直接関わりませんが


畑の準備から出荷まで、いろんな農作物の種類ごとに


たくさんの手間がかかっているんです。


最近、「TPP」(環太平洋戦略的経済連携協定)が話題に

なっていますよね。

関税の撤廃という事ですから

もしも、日本が参加すれば、農業、農村は壊滅的な


打撃を受けるでしょう。政府は「農家戸別所得補償政策」


があるからそれで補填すると言うことなのでしょうが


工業製品と違い、一度荒廃した、農村・農地は


簡単には元に戻りません。



日本は、農産物を輸入し、技術立国になれば良い。


と言う暴論(私にはそうとしか思えません)


を唱える方がいらっしゃいますが、本気で


言っているのでしょうか?


技術立国と言いますが、それこそ一番で無いと

他国との競争には勝てないんですよ。


日本の食料自給率は12%まで下がるという


試算もあります。(農水省試算)


ただ単に私が農協青年部の出身だから言っているの


ではありません。食糧安保・日本の文化を


守り、育ててきたのは「自国の農業・農村」なのでは


ないでしょうか?


それを他国にゆだねられますか?



政府、そして国会議員の皆さんには、拙速な結論を


出すことなく与野党の枠を越えた、慎重な議論と


結論をお願いします。

人気ブログランキングへ←クリックしてね


posted by テリー at 19:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 農政問題について
この記事へのコメント
言われる通りですね。
鎖国か開国かなんて言っている人いるけど、まるで鎖国が古いように思われるようで不愉快ですね。
食まで外国に頼っていては、中国とのレアアースの問題のような時どうするのでしょう。守るものは守らないといけません。
もし、加盟しても、外国産は食べないぞ。地産地消です。
Posted by すん at 2010年10月26日 23:32
こんばんわ。すんさん、はじめましてですよね。コメントありがとうございます。
私には、現政権に「国益」を守り、「自国の意見を主張する気概」と言うものを全く感じません。曖昧な答弁と前政権のツケが回ってきたからという意味不明の答弁。政権をとったからには、待った無しですから、堂々と国益を主張し、内政干渉は許さないという信念で政権を運営して頂きたいです。レアアースもその一つです。アメリカなら、すぐに報復関税ものですよね(笑)
私も、農協青年部時代は、生協さんと地産地消運動をしたり、勉強会をしたり、決して一党一派とだけお付き合いをしたわけではありませんでした。
一国の宰相たる者は覚悟をもって「国民の利益と安全」のため働いていただきたいですよね。
この問題は当に食糧安保の問題です。毒入り餃子も喉元過ぎれば何とかのようで・・・いずれ広く国民に知って頂きたい問題だと思います。今後もよろしくお願いいたします。
Posted by テリー at 2010年10月27日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41495023
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック