皆さんは、日本の農業・農村・食糧について考えたことはありますか?最近のニュースはTPPについての報道が多いですが、皆さんはどう思われますか?そして、「WTO」・「FTA・「EPA」と言う単語をニュースや新聞で見たり聞いたりしたことはありませんか?「自由貿易」と「市場原理主義」を100%農業に導入すると、日本の農業・農村はどうなってしまうのでしょう?日本は約6割の農畜産物を輸入に依存している食糧輸入国でもあります。もしも、ある日突然、穀物が輸入できなくなってしまたっら・・・決して笑い話でも、他人事でもありません。日本の農業・農家・そして農村の崩壊は、「日本」と言う「国家」の存続に直結します。毎日食べる「農畜産物」だからこそ、もう一度、「日本の農業」・「食糧の安全保障」を皆さん自身の問題として、真剣に考えてみませんか?

2010年10月03日

ネギの出荷までA

さて、旭川のMさん。お元気ですか?
稲刈りは終わりましたか?

そろそろ「ネギ」送ろうと考えている最中です(何のこっちゃ?)

本題に戻し、ネギ掘り機から

 negi3 1.JPGブランクを感じさせない運転

こんな感じで掘っていきます。

綺麗に横に倒れれば上手な証拠手(チョキ)

 negi3 1-1.JPG 高さ調節が難しいんですよね

本体です

 negi3 2.JPG 掘り機です

先の部分が土に刺さり、機械が揺れながら
土を落としていきます。あまり強いとネギが折れるので
微妙な加減で。

 negi3 3.JPG 4本の鍬が上下に動き土を払います

購入して30年以上経つトラクター
まだまだ現役ですよ。

 negi3 4.JPG購入して30年のトラクター

ネギの結束機です。
AL・BL・AM・BM・ASは束ねます。
因みにALが3本で一番高いです。

 negi3 6.JPG 気をつけないと危険です

皮むき機ですが、左右に管が見えます。
この管から圧縮空気が送られ余分なネギの
皮を飛ばします。(凄い勢いですよ)

 negi3 7.JPG 皮むき機(正面から)

箱詰めされたネギです。
白い部分が30cm以上ないと「A品」になりません。

 negi3 9.JPGぎりぎりALと言ったところですね。

Lが半分以上で最盛期に一日「50箱」くらいが
限界ぐらいでしょうか?

始まったばかりで感を取り戻すのに大変です。

因みに私は、トラクター、皮むき、結束とほとんどの
仕事ができるので、空いたところに行って仕事を
しています。

トラクターのネギ掘りは意外と大変なんですよ。

皆さん沢山ネギを食べてくださいね決定



人気ブログランキングへ←クリックしてね
posted by テリー at 20:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雫石でお百姓さん
この記事へのコメント
初めてこんなに詳しく葱の収穫風景がわかりました。きちんと並んだ葱の様子は美しいですね。残留農薬の検査もあるから安心ですね。

ところで何時まで葱の収穫はいつ頃まで続くのかしら?

11月に北海道に帰ってしまわれるまででしょうか?
Posted by 又三郎 at 2010年10月04日 23:25
又三郎さん、コメントありがとうございます。
確かに、稲刈り等と違い栽培の様子や収穫の様子ってあまり見ないですよね。機械で掘る高さを間違うとネギをダメにしてしまいます。
寒くなると「赤サビ病」が出ますから、なるべく早く終えたいのですが、我が家では11月20日過ぎまでかかるのではないでしょうか?私は、あと一ヶ月ほどで、雫石を発ち札幌へ行きます。

今日、冬場にお世話になる会社の総務の担当の方からお電話をいただき、正式に来月中旬から仕事をさせていただくことになりました。最近札幌も雪が少なかったのですが、今年はどうなるのでしょう?
Posted by テリー at 2010年10月04日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41083957
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック