皆さんは、日本の農業・農村・食糧について考えたことはありますか?最近のニュースはTPPについての報道が多いですが、皆さんはどう思われますか?そして、「WTO」・「FTA・「EPA」と言う単語をニュースや新聞で見たり聞いたりしたことはありませんか?「自由貿易」と「市場原理主義」を100%農業に導入すると、日本の農業・農村はどうなってしまうのでしょう?日本は約6割の農畜産物を輸入に依存している食糧輸入国でもあります。もしも、ある日突然、穀物が輸入できなくなってしまたっら・・・決して笑い話でも、他人事でもありません。日本の農業・農家・そして農村の崩壊は、「日本」と言う「国家」の存続に直結します。毎日食べる「農畜産物」だからこそ、もう一度、「日本の農業」・「食糧の安全保障」を皆さん自身の問題として、真剣に考えてみませんか?

2010年10月02日

ネギの出荷まで@


さて、ネギの出荷が始まりました。

 negi2  1.JPG 岩手山を背景に(雄大です)

 negi2  2.JPG ネギも生長しました

通常は一つの畝を機械で掘っていくのですが、

デジカメを畑に持って行くのを忘れましたもうやだ〜(悲しい顔)
 negi2  3.JPG 掘ったネギを束ねます

掘ったら集めて束ねて家に持って行きます。

根を切って皮むき機で、

(コンプレッサーの空気圧で皮を3から4枚に調整します)

 negi2  4.JPG 入れると両側から圧縮された空気が

皮をむいたら規格ごとに箱に仕分けをします
無駄は出ません。親戚・知人にあげたりします
順番も関係ないです

 negi2  5.JPG 規格毎に分けます。まだ白根が短いです

これでも、けっこう手間と時間がかかるんですよ。

今回は、手順を半分くらい省いて掲載してますから、

全行程をのせたらすごい画像の量になります。

続きは次回に手(チョキ)


P・S 道の駅にも「ネギ」の出荷を開始いたしました。
軟らかくて甘いネギです。
きのこを出荷されている方も多いですので、
晩の汁物に如何でしょうか?


人気ブログランキングへクリックしてね

posted by テリー at 20:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雫石でお百姓さん
この記事へのコメント
岩手山とネギ畑、いい風景ですね。
心も広くなるようです。どうでもいいようなつまらないことでクヨクヨしている自分が、あまりに小さく見えてきますよ。
それにしても、ネギ出荷までの行程も、いろいろとあるのですね。規格が厳しいことにも驚きました。

ところで、前回の焼鳥屋さんのお話、週8回には吃驚!
一日に2回行ったこともあるのか!と、何かと逸話の多いテリーさんには驚くばかりです。

ジンギスカンは、多くの人は、北海道のはフレッシュで美味しいと言いますよね。
遠野のよりも美味しいと、それこそ、いつぞやここでお話をさせて頂いた米国人も言うのですが…。
Posted by vegajump at 2010年10月03日 11:57
ネギはキュウリのように箱詰めするだけと違い、大変です。規模が大きい農家は、自動で根を切って皮をむく機械を導入していると思います。(掘る機械も)でも300万くらいすると思いますよ。農機具は高いですからね。

「焼鳥たんたん」はまさにおっしゃるとおり昼にも行って、マスターにあきれられたこともあります。私の青春がつまった焼鳥屋さんです。

北海道は、「生ラム」ですね。スーパーも生ラムが多いです。脂がすごいのであまり食べませんけど。苫小牧にホッキ汁の美味しいお店があるんですよ。上陸一号店はそこに「Rock On」です(笑)

今晩、ネギ出荷Aup予定です。
Posted by テリー at 2010年10月03日 12:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41064769
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック